The church in Kodaira 小平に在る教会 小平に在る召会

小平に在る教会はイエス・キリストと神の言葉を愛し追い求める全ての人を歓迎します


 

神の願いは、人が命の木から食べることである

 聖書は、初めから終わりまで何について語っているのでしょうか?聖書を知っている人はみな、聖書の中には一つの原則があることを認めます。あることが聖書の最初の記録にどのように語られているかということが、その後の発展の中でそのことの不変の意味になります。よって、もし神と人の正しい関係を知りたいなら、神が人を創造した後、神は人に何を望んだかを知らなければなりません。神はアダムを命の木の前に置き、園にある木の実を自由に食べて良いと言われました。神が最初に人に望んだことは、食べることでした!よって、わたしたちは、聖書が食べることに関する書であると知ることができます。何を食べるのですか?神を食べます!主を食べるのです!

 

 聖書は何について語っています か?食べることです!なぜイエスは来られたのですか?彼が来られたのは、わたしたちが彼を食べるためでした。

 聖書は過越の祭りについて、小羊の血と肉に関 して述べています。人は罪を犯しました。ですから、人は血を必要とします。しかし、エデンの園には命の木はありましたが、血はありませんでした。人が罪を 犯したので、血が必要になりました。しかし、小羊には血だけでなく肉もあります。血は墮落に起因するわたしたちの罪を取り扱います。肉は命の木からの命を 供給します。従って、それは血だけではなく、肉を伴った血です。

 

 出エジプト記第十二章を読む時、あなたはこの二つのものを見ることができま す。それは血と肉です。血は家の外に振りかけられたので、家は血の下にありました。イスラエルの子たちは、血のおおいの下で何をしたのでしょうか?彼らは 食べていました。

 多くのクリスチャンは、過越の小羊について語る時、はっきりと血について語ります。しかし、過越の小羊の焦点は、血ではなく肉にあります。 血は肉のためです。血を振りかけることは、人が肉を食べるためです。血は贖いのためです。そして、贖いは人がキリストを命として享受することに連れ戻すことです。 
>>さらに読む


最後のアダムは、命を与える霊となったのです

神はご自身を人に分与するために手順を経られました。

第一段階-肉体と成る
 神ご自身を人に分与するために、神が取られた第一段階は、肉体と成ること、人となることでした(ヨハネ1:14)。彼が肉体の中にあった時、一方で、彼は人の罪を取り除く神の小羊でした(ヨハネ1:29)。もう一方で、彼は青銅の蛇でした。それは、彼が肉体と成られたこと、すなわち、彼が罪の肉の様で遣わされたことを示しています(ローマ8:3)。青銅の蛇として、彼はただ蛇の形を持っておられましたが、彼には蛇の毒がありませんでした。主は肉体の中にありましたが、彼は十字架に上げられて、サタン、年を経た蛇を破壊しました(ヨハネ3:1412:31)。さらに彼は一粒,の麦であり、彼は地に落ちて、死なれました。彼は死を通して神の命を解き放ちました(ヨハネ12:24)。

第二段階-命を与える霊と成る
 神がご自身を人に分与するために取られた第二段階は、命を与える霊と成られたことです(Iコリント15:45後半)。この二つの段階には二つの「成った」があります。主は、まず肉体と成り、次に彼は命を与える霊と成られました。彼が肉体と成られたのは贖いの達成と神の命の解放のためでした。命を与える霊と成られたのは、その霊としてのご自身を人の中に分与し、人の命となるためでした(神がご自身を分与するのは、命、性質においてであり、神格においてではありません)。

 キリストは、復活の中で命を与える霊と成られました(Iコリント15:45)。そのような霊として、彼は、彼を信じる人たちが受けることができる準備をされました。わたしたちが彼を信じると、すぐに復活の中で命の霊は、わたしたちの霊の中に入って(ローマ8:16)、わたしたちの霊の中に住まわれます(ローマ8:11)。

>>続きを読む >>関連動画を見る<>

事実

信仰

経験

 現在の恵みの時代において、神は人を恵みにしたがって取り扱われます。神は人のために、すべてのことを達成されました。すべてのことが達成された からには、一定の「事実」が存在します。そして、それらは存続する「事実」ですから、人はすでに達成されていることを達成する必要はありません。神の働き すべては完全です。

 しかしながら、神の恵みは義なる恵みです。この理由により、「事実」についても、やはり人の協力が必要となります。これはどのような協力でしょう か?それは、神が成し終えたことに何かを付け加えることではなく、神が成されたことが事実であることを、人が認めることです。これが信仰です。

 

 信仰とは、神が言われたこと、また行われたことが真実であると認めることです。信仰とは、事実を受け入れること、すなわちそれらが事実であると認めることです。

  信仰とは「現金化する」ことです。わたしは、人が銀行で小切手を現金化するという意味で、「現金化する」という言葉を用いています。仮に、ある人があなた に小切手を渡すとします。銀行にお金があるということは、事実です。あなたがその小切手を現金に換えるということは、その小切手に記載されている金額が銀 行にあるという事実を認めることです。「現金化する」ことは、信仰を必要とします。信仰によって現金化することができ、そしてお金を使うことができます。

 

 今や、お金を使うことは、「経験」となります。銀行にお金があることは「事実」です。小切手を現金にすることは「信仰」です。お金を使うことは「経験」です。

 神の恵みにおいては、彼が人のために成されたことは、事実です。しかし、人はなおこれらの事実を経験しなければなりません。神の恵みを経験するこ とは、神が人のために達成された事実を、信仰によって要求することです。これらの事実は、神によって達成されます。人に必要なものは信仰です。事実は神に 属し、経験は人に属します。こういうわけで、信仰とは、神の事実が人の経験となることです。聖書がわたしたちに示すことは、ただ「事実、信仰、経験」で す。  >>さらに読む

聖書を一緒に読みませんか?

聖書を読む会「ぶどうの会」を毎週開いています。

日時:毎週土曜日13:00から

場所:小平に在る教会集会所
〒187-0045小平市学園西町1-22-25
センチュリー一橋学園401

連絡先:churchinkodaira@gmail.com
TEL:042-384-6087(上野)

どなたでも気軽に参加できます。 


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )