創世記2:8-9 そして、エホバ・神は東のほうのエデンに園を植えられた.そして彼は形づくった人をそこに置かれた。エホバ・神はその土地から、見て喜ばしく、食べるのに良い、すべての木を生えさせ、さらに園の中央に命の木と、善悪知識の木とを生えさせられた。
 
 聖書はすばらしい書です。聖書は何について語っているのでしょうか?聖書は、キリスト、命、救いについて語っていると言うのは、完全に正しいです。また、聖書は、妻が夫に服従すること、夫が妻を愛すること、子供が両親を敬うこと、両親が子供を顧みることについて語っていると言うのも、間違っていません。聖書は、謙遜、忍耐、平和、善良について語っていると言うのも、間違っていません。聖書は、神の愛、神の光、神の聖について語っていると言うのも、間違っていません。さらに、聖書は、わたしたちに神を礼拝し、神を愛し、神に仕えることを教えると言うのも、間違っていません。わたしたちは、聖書が語っている何百、何千もの題目を列記することができます。しかし、不思議なことに、キリスト教の中で、聖書は食べることについて語っていると言うメッセージを、わたしたちは聞いたことがありません。
 聖書が命の書、救いの書、愛の書、また教えの書であることは事実です。しかし、この章の聖書の言葉を読めば、あなたは聖書が食べることについての書であることを認めなければなりません。
 
 神は人を創造した後、人が命や救いを必要とするとは言われませんでした。彼は、人は神を愛して、神に服従する必要があるとも言われませんでした。神は、人はへりくだらなければならない、平和でなければならないとも言われませんでした。神が人を創造した後、人を園にある命の木の前に置いて、彼に言われたことは、要するに「食べなさい!食べなさい!食べなさい!」ということでした。聖書は、何について語っていますか?聖書は、食べることについて語ります。聖書は、どのような書でしょうか?それは食べることについての書です。聖書は深遠で奥義的な書です。それを何度も繰り返し読んでも、退屈にはなりません。また、あなたがそれを百回、千回、または一万回読んだとしても、尽きることがありません。あなたが聖書を何度も読んだとしても、そこにはやはり新しいものがあります。三十年前、わたしは聖書を繰り返し読んで、三、四冊の聖書をすり減らしてしまいました。そして、わたしはほとんど完全に聖書を理解したと思いました。しかし、わたしは徐々に聖書にはまだ多くの自分が知らない真理があることを理解するようになりました。現時点で、もしあなたがわたしに「リー兄弟、今あなたは聖書から何を発見しましたか?」と尋ねるなら、わたしは「今、わたしは『食べる』という一つの言葉を発見しました」と言うでしょう。